タグ>2009年1月16日

2009年1月16日 金曜日  著者: 山田八王子

2009年1月16日の社説で気になった言葉

春闘(しゅんとう)
毎年春(2月)頃から行われる、賃金の引上げや労働時間の短縮などといった労働条件の改善を要求する労働運動のこと。「春季生活闘争」、「春季労使交渉」ととも。労働組合(労組)が、同じ時期に要求を行います。日本独自のやり方です。

不燃領域率(ふねんりょうてきりつ)

地域内における道路、公園などのオープンスペースや燃えにくい建物が占める割合を基に算出するもので、街の燃えにくさを表す指標です。不燃領域率が70%で、焼失率はほぼゼロとなります。

不燃領域率(Ft、単位:%)=空地率+(1-空地率/100)×不燃化率

空地率 :一定以上の面積を有する公園等と幅員6m 以上の道路の合計面積の割合(単位:%)
不燃化率:建築面積の総数のうち、耐火建築物等が占める面積の割合(単位:%)
(引用元 旭化成ホームズ都市開発部)

大阪市生野区の不燃領域率が20%未満というのはかなり低い数字かと。

ワークシェアリング
従業員同士で雇用を分け合うこと。各々の労働時間を短くする時短によるのが典型的な方法。多少賃金が下がっても仕事を分け合って解雇される人数を減らしましょう、と。

減反政策(げんたんせいさく)
米の生産調整を行うための農業政策。基本的には米の生産を抑制するための政策であり、米作農家に作付面積の削減を要求する政策のことです。米の価格維持のためです。石破茂農相が米の生産調整(減反)政策を見直す意向を示しました。

かんぽの宿
日本郵政株式会社が運営する旅館・ホテルのこと。簡易保険加入者のみを対象としたものでしたが、2007年の郵政民営化から一般の旅館・ホテルと同様に、簡易保険の加入の有無にかかわらず利用できる宿泊施設になりました。
2008年12月26日、年間約40億円の赤字が出ることから日本郵政は、全て一括でかんぽの宿をオリックス不動産に約109億円で売却することを発表しました。入札でオリックス不動産に決まったのですが、鳩山邦夫総務相が「売却先選定のプロセスが国民が『出来レース』と受け止める可能性がある」として待ったをかけています。

阪神大震災(はんしんだいしんさい)
阪神・淡路大震災(はんしん・あわじだいしんさい)。1995年(平成7年)1月17日火曜日の兵庫県南部地震によって発生した大規模災害。1995年(平成7年)1月17日午前5時46分52秒、淡路島北部(北緯34度35.9分、東経135度2.1分、深さ16km)を震源として発生したマグニチュード7.3の兵庫県南部地震が起き、神戸市市街地は壊滅状態になりました。地震による揺れは、阪神間及び淡路島の一部において震度7。平成18年5月19日 消防庁の確定報によれば、死者6,434人、行方不明者3人、負傷者43,792人の被害。

宮崎緑は、現地に化粧バリバリ、毛皮にハイヒールといった舐めきった格好で取材。
筑紫哲哉は、ヘリコプターで上空から取材。至るところで発生している火災の煙を見て「温泉町に来たようだ」と発言。
まだ生存者がいるかもしれない倒壊した住宅の上空をマスコミのヘリコプターが旋回し、助けの声を掻き消した、とも。

明日、1月17日で発生から14年が経ちます。

2009年1月16日のハショレ社説もご覧下さい。

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ