カテゴリー>曲を弾こう

2008年10月10日 金曜日  著者:

おもしろさを味わう

実際に、ギター(ベース)を買ってきて、まずすることはなんでしょう?

  • 教則本を読みながら、基礎を学んでいく

(購入した時に、おまけで教則本が付いてくるかもしれません)

しかし、教則本だけでやり始めるのは、お勧めしません。

正直に言って、教則本は面白くないです。

基本的な事が重要なのは、間違いありません。しかし、楽しくないことが続けば、演奏することが苦痛となってしまいます。

教則本は、基本的な弾き方くらいを参考にするようにして、あとは暇な時に確認するくらいにしましょう。

とりあえず難しいことは抜きにして、

まずは、楽器を演奏する事の楽しさを味わいましょう♪

(演奏する事の楽しさを味わってしまえば、あとは上達のための地味な練習すら楽しめるようになります)

そこで、おススメしたい方法が

「自分の好きな曲の中で、限りなく簡単な曲をコピーする」

ポイントは、「簡単な曲」ということです。

最初の演奏する一曲は、とにかく簡単なものにしてください。

こうすれば最初から、挫折することが少なくなります。

初めて、一曲弾ききった時には、なんともいえない感動があなたを待っています。

バンドスコアを利用して曲をコピーする方法

では、コピーする曲を決めたとします。

コピーをするには、2種類の方法があります。

  • 耳コピをする
  • その曲のバンドスコアを購入する

耳コピとは、文字通り「曲を聴き、自分のパート楽器がどう弾いているか聞き取って、実際に自分でも弾いてみる」ことです。

音感がある人、または、楽器ごとに聴き取りなれている人は、耳コピにチャレンジしましょう。
(音感を鍛えるのに、耳コピはとても有効です。徐々に、耳コピに移行していくのが理想的です。)

とはいえ、初めて楽器をする場合は、なかなか厳しいと思います。

そこで、バンドスコアという初心者向けの本が売っているので利用しましょう。楽器屋、書店に置いてあります。
(マニアックな曲だと、バンドスコアになっていないことがあるので、ある程度のメジャーな曲を選ぶことにしましょう。)

バンドスコアで曲をマスターする方法

実際、著者が行った方法を紹介したいと思います。

簡単に手順を説明しますと、

  1. CDで曲を聴く。(できれば、自分のパートの音を聞きとれるように意識する)
  2. バンドスコアを見て、実際に弾いてみる。(最初は、4小節くらいをひと区切りとする)
  3. もう一度、CDを聴く。鳴っている音とタイミング(リズム)を確認する。
  4. バンドスコアを見て、実際に弾いてみる。
  5. CDで聞いた演奏と、実際自分の演奏が同じになるまで1~4を繰り返す。
  6. CDと一緒に演奏してみる。間違ってなさそうだったら、次へ進む。
  7. いつの間にか、一曲弾けるようになっている。

どうしても弾けなさそうだったら、その曲は保留にしちゃいましょう。

違う曲にトライしましょう♪

最初の一曲におススメなアーティスト

ちなみに、著者が一番最初にコピーした曲は、Mr.children「Asia」でした。

Album 「Atomic Heart」収録

特に苦労することなく、気づいたら一曲弾けていました。

例外はありますが、最初にするコピーする曲としては、ミスターチルドレンの曲がお勧めです。

人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ