2008年10月22日 水曜日  著者:

エフェクターを使おう

ギターと同じように、ベースでもエフェクターが使われます。
以前は、ギターと同じエフェクターしかありませんでしたが、現在は様々のベース専用のエフェクターが発売されています。

ベースの場合は、比較的「音の補正」を目的としたエフェクターが多いです。
基本的には、ベースとアンプだけでしっかりとした音作りをします。
その上で、補正や音色を変えるエフェクターを使っていきましょう。

代表的なベースエフェクターの種類

主なエフェクターを紹介したいと思います。

イコライザー(Equalizer)

BOSS GEB-7

各周波数帯をブーストしたり、カットしたり調整してくれるエフェクターです。
音質を固くしたり、逆に柔らかくしたり、幅広い音づくりが可能です。

コンプレッサー(Compressor)

BOSS Compression Sustainer CS-3

大きな入力は小さく、小さな音は大きくすることで音の粒をそろえるエフェクターです。
また、サスティーン(音の伸び)を調節することも可能です。

リミッター(Limitter)

BOSS LMB-3

一定音量以上に出た音を抑えてくれるエフェクターです。機能としては、コンプレッサーに近いです。
スラップ奏法と指弾きをする時など音量を揃える時などに便利です。

オーバードライブ(Over Drive)

BOSS ODB-3

程よい感じの歪みを原音に加えるエフェクターです。

コーラス(Chorus)

BOSS CEB-3

音に奥行きを持たせてくれるエフェクターです。

ワウ(Wah)

Jim Dunlop(ジムダンロップ) ベース専用ワウペダル BASS WAHCRYBABY(クライベイビー) 105Q(JIM-DUNLOP)

周波数の大小を交互に出力する事で、「ワ」「ウ」といった独特な音にするのが特徴です。
ワウペダルは、プレイヤーが実際にペダルを上げ下げすることで、音を出します。
スラップ奏法と併用して使われることがあります。

コンパクトエフェクターとマルチエフェクター

エフェクターには、コンパクトエフェクターとマルチエフェクターがあります。
それぞれのメリットとデメリット、購入時のアドバイスなどは、「エフェクターを使おうvol.3 ~ギターエフェクターの種類.3~」を参照にしてください。

人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ

関連する投稿

コメントはまだありません >コメントする

コメントはまだありません。

コメントする