2008年10月8日 水曜日  著者:

ギター購入のアドバイス

「どんなギターを買えば、いいんですかー?」

「やっぱり高いものを買った方がいいですかねー?」

よくアドバイスを求められます。

失敗しない購入のアドバイスとして、いつも言っていることは、、、

というと…

自分が「これだ!!」とビビっときたものを買う

以上……(完)

って、それでは身も蓋もなので、少しだけ補足。

あなたがギターを弾こうとしたきっかけは何だったでしょうか?

好きなミュージシャンから影響を受けていませんか?

テレビやライブのギター演奏を見て、自分も弾きたいと思いませんでしたか?

だったら、それと同じギターを買っちゃいましょう!!

…もちろん、

まったく同じものじゃありませんよ。

プロのギタリストが使っているものは、とても高価な場合が多いです。

なかなか手が届かないと思います。

でも、大丈夫です。

そのミュージシャンがオーダーメイドで作っているもの以外であれば、同じタイプのギターが安く売っています。

見た目は、モチベーションにも繋がりますので、かなり重要です。

まず、好きな形のギターを選びましょう。

いろんなギターの中から、自分が弾いたときにカッコいい姿になるギターをじっくり選びましょう。

それから、予算と相談します。

ギター以外にも必要なものがありますので、その購入も考えていきます。
(ギターを購入すると、他のものがセットになっているタイプもあるのでお得です。)

ギターの値段ですが、15,000~50,000円台で考えていけば問題ないと思います。

昔の場合は、安いものほど品質に心配がありましたが、今は安価なものでも作りがある程度しっかりしているため、入門用としては問題ありません。

まずは、入門用ギターである程度テクニックが上達させてから、ワンランク上のギターを買うのがお勧めです。

さらに、ちょっとしたアドバイス!!

ギターの形だけで選んでしまったら…

大部分のギターは問題ありませんが、中にはちょっと普通とは違う変形タイプ(エクスプローラータイプなど)のギターを買おうとしている人は少し注意が必要です。

座って弾こうとしても、滑ってまともに弾けない、ヘッド(頭)が重くて弾きにくい……なんて事が起こりえます。
購入するときは、必ず実際に実物を持って、弾く真似でもいいので色々試すようにしましょう。
あと、店員さんに、買おうとしているギターのデメリットを聞くようにしましょう。(デメリットがないギターはありません)

友人から「このギターは、いい音がする」とは聞いたけれど…

音質云々の話を周りの経験者の方から色々聞くかと思いますが、最初の内はあまり気にしなくていいです。
とはいえ、アドバイス自体は後々参考になるので、憶えておきましょう。
上達していけば、おのずと音に対しても、こだわりがでてきます。それからでも、充分です。

人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ

関連する投稿

コメントはまだありません >コメントする

コメントはまだありません。

コメントする