2008年12月1日 月曜日  著者: 山田八王子

またまた恐縮でございますが、私事を書かせていただきます。

私、山田には娘が2人おります。

この2人の年齢は10歳ほど離れており、PTAの中には、
「上の娘さんは、奥さんの連れ子なんですって」
と、勘違いをなっさている方もいらっしゃいます。

この娘たち、リアル生活では体の大きさが違うので区別がつくのですが、
過去の写真ですと、どちらの小さい頃か、自信が持てないことが多々あります。

さて、2年ほど前、その娘2人と、嫁、私の母、私の5人で、祖母(娘にとって曾祖母)に会いに行きました。
この祖母、私が生まれた40年前から、おばあちゃんでしたので、かなりのベテランおばあちゃんです。
すでに90歳のステージはクリアしているかと思われます。

そんなベテランの祖母です、上の娘と以前会った時から記憶のアップデートがされていないようで、
下の娘を見て、上の娘と勘違いしてしまうのです。

私の母や私が説明しても、10分を待たずして祖母の記憶は復元ポイントに戻ってしまいます。…ループ(a)
最初は戸惑っていた下の娘も、次第に、祖母に対して自分の姉を演じる気遣いを見せてくれました。
「おっきいばぁちゃん、喜ぶからいいよ」と下の娘。(いい子だ、あとで肩車してあげっからな、とアイコンタクト)

しばらくすると祖母は下の娘と話しながら、上の娘を不思議そうに見つめるんですね。
「この子は誰なんだろ?」と。

「いや、だからねっ」とさっきのループ(a)になるわけです。
小一時間もすると、上の娘が、そのループ(a)を嫌い、breakしました。

「山田の嫁です」

(゚Д゚;)

「チビちゃんはママ似だね」と祖母、ニッコリ。

先ほどから姿が見えなくなっていた旧嫁からメールが届きます。

「便所にスリッパ落としちまったぜ、ドンマイあたし」

今年は、「一人娘」と「若い嫁」と「便所でスリッパ落とした近所のおばさん」で伺います。

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

関連する投稿

カテゴリー: 2008年12月コラム  | タグ: , , , , ,

コメントはまだありません >コメントする

コメントはまだありません。

コメントする