2008年11月11日 火曜日  著者:

PHPの動作の確認

ApacheにPHPがインストールされたか確認する為に、簡単なPHPスクリプトを作って、実行してみましょう。

phpinfo.phpの作成

まずは、「C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\htdocs」のフォルダーに移動します。

htdocsに移動

次に、「C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\htdocs」に「phpinfo.php」のファイルを作成します。

phpinfo.phpを作成

作成した「phpinfo.php」をテキストエディタで開き、下記のPHPスクリプトを記述し保存します。

PHP:
  1. <?php
  2. ?>

メモ帳でphpinfo.phpに上記PHPスクリプトを記述した例

phpinfo.php

phpinfo.phpの実行

Webブラウザを立ち上げ、URL(アドレス)に「http://localhost/phpinfo.php」または、
http://127.0.0.1/phpinfo.php」と入力します。

ApcheとPHPのインストールが出来ていれば、下記の画面が表示されます。

phpinfo()

phpinfo.phpの実行エラー


ファイルのダウンロード

上記のような、「ファイルのダウンロード」のメッセージが表示された場合は、PHPのインストール後に
Apacheの再起動を行っていない場合に表示されますのでApacheの再起動を行って下さい。
※Apacheの再起動方法は「WindowsでのPHPインストール方法 Vol.4」の「Apache Servicesの再起動」を参照下さい。


404 エラー


404 エラー

上記のような、「404 エラー」が発生した場合は、「phpinfo.php」の保存場所が間違えている
可能性が有りますので「C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\htdocs」配下に
phpinfo.php」が存在するか再度確認して下さい。


ページが表示できません

上記のような「ページが表示できません」が発生した場合は、Apacheが動作していない可能性が
ありますので、Apacheの起動または、再起動を行って下さい。

※Apacheの再起動方法は「WindowsでのPHPインストール方法 Vol.4」の「Apache Servicesの再起動」を参照下さい。

人気ブログランキング にほんブログ村 IT技術ブログへ

関連する投稿

カテゴリー: 開発環境を整えよう  | タグ: , ,

コメントはまだありません >コメントする

コメントはまだありません。

コメントする