2008年11月11日 火曜日  著者:

バンドスコアを読もう

バンドスコアや楽譜を読みながら、曲をコピーする場合があると思います。

まず読み所ですが、ドラムの楽譜は一番下になっています。(左に「Drums」と表記されていると思います。)

拍子、リズム(音の長さ)については、「バンドスコアを読むvol.2 ~リズムを読み方.1~」を参考にしてください。

ドラム譜の読み方

ドラムは、完全に記譜の仕方が決まっているわけではないので、それぞれ書き手によって若干の違いがあると思います。
ここでは、おおまかなドラム譜を説明していきます。(ドラム譜では、「ヘ音記号」での表記になります。)

バスドラム・スネア


「リムショット(Rim Shot)」…スティックをリム(枠の部分)に当てる奏法です。

タム


左が一番高い音のタム(ハイタム)で、右にいくにつれて低くなっています。
左から2番目と3番目の間に「スネア」が入ることを確認してください。

ハイハット


通常の表記は、ペダルを閉じた状態の「クローズハイハット(Close Hihat)」になります。(上に「+」と書かれていることもあります。)
また上に「○」がついたものが「オープンハイハット(Open Hihat)」を表しています。

シンバル


通常の表記は、「ライドシンバル(Ride Cymbal)」になります。
上に「>」がついたものが「クラッシュシンバル(Crash Cymbal)」を表しています。
ハイハットをペダルで鳴らす場合は、下の方に表記されます。

人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ

関連する投稿

5件のコメント >コメントする

  1. 中学校でドラムができることになったのですが
    最後にしたのが1年前だったので
    ド忘れで・・・^-^;
    とっても助かりました^-^

    コメント by ドラムいちご — 2010年9月18日 @ 8:03

  2. 小学生です~
    ためになりましtよ

    コメント by cococco — 2011年8月9日 @ 16:04

  3. 初心者でもわかりやすかったです。
    有り難う御座います!

    コメント by ドラム缶 — 2011年8月25日 @ 11:40

  4. 分かりやすかったです。
       ありがとうございました!!

    コメント by m3330 — 2011年9月1日 @ 21:07

  5. ω

    コメント by Ω — 2011年9月7日 @ 13:58

コメントする