2008年11月7日 金曜日  著者:

MU.LAB
MUTOOLS (http://www.mutools.com/)より
Sequencer/Multitrack software 「MU.LAB」がv2.03にバージョンアップされました。

[DAWソフト](Win & Mac)
複数のシンセ音源を標準装備したVST・ASIO対応音楽制作ソフト

主な機能

MU.LAB

  • オーディオ録音,編集
  • MIDI(ピアノロール,イベントマップ)
  • モジュールでオーディオ,シンセなどの配線を自由に設定可能/li>
  • シンセサイザー、サンプラー、各エフェクト(VSTを追加可能)
  • ASIOドライバ対応

無料版は、以下の制限があります。

  • トラック数が6トラックまで
  • ミックスダウンが16bitのみ

トラック無制限でミックスダウンが32bitで可能な有料版へのアップロードも可能(詳細はこちら

ダウンロード方法

以下のサイトより
http://www.mutools.com/downloads.html
メニュー[Download links]より[MU.LAB for OSX (Universal Binary)]または[MU.LAB for Windows ]をクリック!!

人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログへ

関連する投稿

2件のコメント >コメントする

  1. これ元は「LUNA」とゆー名前だったんだよね。Windowsの画面表示システムと同じ名前だったからやめたのかな?
    LUNAの頃から、軽いDAWソフトとゆー事では定評があったよね。LUNA当時は、フリー版では8チャンネルまでの制限だったよね。「MU.LAB」では6チャンネルになってしまったのは惜しいね。
    でもVSTエフェクトとVSTのシンセがついてるんだっけ。それはお得かな。LUNA当時はVSTの画面が開けなかったんだよね。
    まぁダウンロードして損はないソフトだよね。

    コメント by 3gatudo — 2009年4月4日 @ 5:01

  2. コメントありがとうございます。
    リンク先の「音楽知識問答」を読ませていただきました。自分、JAZZ,AOR好きなのでとても勉強になります。

    >元は「LUNA」とゆー名前だったんだよね
    結構歴史のあるソフトだったのですね、全然知りませんでした。

    >VSTエフェクトとVSTのシンセがついてる
    現在のバージョンで標準装備されているかは未確認ですが、無料でVSTに対応しているソフトって少ないのでお得なソフトですよね。

    コメント by 烏山菊千代 — 2009年4月6日 @ 11:11

コメントする