2008年11月6日 木曜日  著者:

ライブをしよう

LIVE
バンドを組んで曲がある程度できるようになったら、やっぱりライブをしたくなりますね。
人前で演奏するというのは楽しいものです。また上達への一歩にも繋がります。

代表的なライブをする方法としては、

  • 学園祭・発表会に出演する
  • ライブハウスに出演する

があります。
他にも地域のイベントやコンテスト、オーディションなどが考えられます。

学園祭・発表会に出演する

軽音楽の部活(サークル)に所属している場合は、必ず学祭や部主催のイベントなどに出演する機会があると思います。(出演する枠が決まっているので部員数が多い時などは、事前にオーディション形式で選抜されることもあります。)
色々分からないことが多いと思いますが、先輩に色々と聞きましょう。

ライブハウスに出演する

一般的にライブをする場所というと、ライブハウスということになります。
ライブハウスというのは、「バンド演奏を前提としたレンタルホール」の事です。
さて、ライブハウスに出演するのには、いくつかのケースがあります。

  • ブッキングライブ
  • ライブハウス主催イベント
  • バンド(イベンター)主催イベント
  • 自主企画

ブッキングライブ

ライブハウスで通常行われているライブ形式になります。
ブッキングマネジャーと呼ばれるスタッフが、各バンドにライブの出演依頼をしてスケジュールを決めていきます。基本的には、オリジナル曲を演奏できるバンドが対象になり、テープ審査とオーディションライブがあることが多いです。

ライブハウス主催イベント

流れは通常のブッキングライブと変わりありませんが、ライブハウス主催ということで、お勧めしたいバンドが集まります。(こういうイベントの場合は、ブッキングライブよりも全体的にレベルが高くなる)
また、高校生限定イベントや、コピーバンド向けイベントなどテーマ別のイベントが組まれることがあります。

バンド(イベンター)主催イベント

他のバンドが主催するイベントに出演する場合もあります。この場合は、主催のバンドがスケジュールから清算まですべてやってくれるので、自分のバンドとライブハウスにはセッティング時など以外にはあまり接点はありません。
また、バンドの他に「イベンター」と呼ばれるイベント企画を行う人(会社)から誘われることもあります。

自主企画

自分でライブハウスを一日貸し切ります。この場合は、企画・出演バンド・清算など一切を自分たちで準備することになります。
しかし、その分自由度が上がるので、仲間内だけでやりたい場合や個性を出したいイベントをやりたい時などには最適です。

人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ

関連する投稿

コメントはまだありません >コメントする

コメントはまだありません。

コメントする