2008年10月31日 金曜日  著者: 山田八王子

11月1日は記念日が多いです。
犬の日、計量記念日、灯台記念日、自衛隊記念日、生命保険の日、泡盛の日、点字記念日、すしの日、紅茶の日、玄米茶の日、本格焼酎の日、カーペットの日、全国家具の日、食い道楽・芸道楽の日などなど、人間が人間として生きていくためには欠かせない記念日ばかりです。

どれも捨てがたい記念日ですが、ひときわ異彩を放つ「犬の日」について書かせていただきます。
「11月1日は、111(ワンワンワン)だから」といった直球勝負により選定されたと巷間伝えられる「犬の日」。
「もしや!?」と期待と不安を抱きつつ「犬の日」を制定したペットフード工業会のサイトを覗いてみると、
「2月22日」は「猫の日」との記載を発見。
2月22日は222(ニャンニャンニャン)で「猫の日」、パーフェクトです。
決して2月2日ではありません、意味が違ってきます。

そして、この「犬の日」に「トラ年」の「白いネコ」、キティちゃんが34歳の誕生日を迎えます。
松井秀喜や室伏広治が同期なんですね。

さてさて、「11月1日」で特筆すべきことと云えば、昭和58(1983)年のこの日、
千葉県茂原署管内にて、「こりん星」から「いちごの馬車」が到着する事件が発生しています。

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

関連する投稿

カテゴリー: 2008年10月コラム  | タグ: ,

コメントはまだありません >コメントする

コメントはまだありません。

コメントする