2008年10月10日 金曜日  著者:

チューニングとは?

ギター(ベース)を弾く時に、まず初めにやらなければいけないのが「チューニング」です。

チューニングとは弦を絞めたり、緩めたりして、ギター(ベース)が正確な音程を出せるように調整することです。

チューニングがしっかりできないと、何も始まらないと言ってもいいくらい大切なものです。

そんな重要なチューニングをサポートしてくれる機械がチューナー(チューニングメーター)です。

チューナーを使う

チューナーが普及するまでは、音叉やピッチパイプといった調弦用の道具を使っていました。

キクタニ_音叉_TF-A

音叉

これらの道具でのチューニングは、音感が必要となるので、ある程度音感を養った人でないと正確なチューニングをすることができません。

最初は、チューナーを使って正確なチューニングをしていきましょう。

(ある程度の段階では、耳によるチューニングができることが望ましいです。)

チューナーは大切

最初のうちは、ギター(ベース)購入時におまけとして付いてきた(安い)チューナーを使うことになるかと思います。

個人練習のときには、あまり問題ないかもしれせんが、
「バンドで練習した時に、正しく弾いているはずなのに、どうもアンサンブルが気持ち悪い。」

こういった場合は、それぞれの楽器が正しくチューニングがされていないことがあります。
精度の低いチューナーは、こういったトラブルを起こしやすいので注意が必要です。

また、チューナーによっては、インプットしかない場合が多いです。
それだと何がいけないかというと、チューニングをする際に、一度、アンプからシールドを抜かないとできませんね。
ライブ中など時間が限られた中で、チューニングしようとしても、その都度アンプのヴォリュームを絞って、シールドを抜いてチューニングして、またアンプに繋いで・・・などやっていたら手間がかかってどうしようもないですね。
この場合には、やはりエフェクター型のようなアウトプットが付いたチューナーが適しています。

チューナーのタイプ

代表的なチューナーのタイプを紹介します。

カード式

KORG_GA-30/SV_コンパクトチューナー

比較的安いものが多いです。(インプット端子のみのものも多い)
中には、メトロノーム機能が追加されたものもあり、個人練習する上では使い勝手が良いです。


針式

BOSS_TU-8_ギター/ベース用チューナー

チューニングメーターが、液晶ではなく、アナログメーター(針)となっています。
液晶よりも、正確にチューニングをすることができるのでプロにも愛用者が多いです。


クリップ型

KIKUTANI_JT-11_クリップ型チューナー

アコースティックギターなどアンプラグド楽器をチューニングする時に最適です。
ヘッドの部分に装着して、音の振動を直接マイクで拾って音を表示してくれます。


エフェクター型

Roland_クロマチックチューナ_TU-2

エフェクターの形をしたチューナー。ライブ時の使用に適しています。LED表示で暗いところでも見やすい。
ON/OFFがフットスイッチになっているので、立った状態でも足で操作可能。(ONにするとMUTEされます)


ラック型

KORG_DTR-2000_ラックマウント・チューナー_DTR2000BL

ラックマウントするチューナータイプ。離れたところからでもチューニングを確認できるので、ライブ時に便利。サイズも大きくなるので、より多機能になっている。

チューナーの選び方

チューナーの値段は、1500円くらいから、高いものだと4,0000円以上するものなど相当の開きがあります。
これらは、チューナー自体の耐久性やチューニングの正確性や多機能などから違いが出てきます。

そこまで、高機能なものを買う必要はありませんが、精度に信頼を持てるチューナーを買いましょう。

理想的には、それぞれの状況に合わせて、それに合ったチューナーを使用ことが理想です。

(筆者は、自宅練習ではカード式、バンド練習はエフェクター型、ライブやレコーディングではラック型を使用しています。)

人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ

関連する投稿

コメントはまだありません >コメントする

コメントはまだありません。

コメントする