2008年10月28日 火曜日  著者:

自宅練習のすすめ

自宅でドラムを叩く環境がある人は恵まれています。(周りに感謝しつつ、思いっきり叩きましょう)
ほとんどの人は、設置スペース、騒音などの問題から自宅でドラムを叩くことはできないかと思います。
毎回、リハーサルスタジオを利用するのが理想ですが、なかなかきびしい場合もあります。
妥協する面はありますが、自宅でも練習することは可能です。

絶対必要なもの

ドラムスティック

PEARL 110H ドラムスティック
これがなければ、始りません。(詳しくは、こちらを参照してください)

ドラムスローン

マックストーン ドラムスローン(ドラムスツール) DT-002(キクタニ)
床に座ってしまっては、キックの練習をすることができません。普通の椅子でもかまいませんが、なるべくなら通常と同じドラムスローンで練習することをお勧めします。

メトロノーム

セイコーデジタルメトロノームDM70(シルバーメタリック)
テンポ感を鍛える上でメトロノームは欠かせません。メトロノームで正確なテンポを聞きながら、自分もテンポキープできるように練習しましょう。

BOSS DB-30 Dr.Beat メトロノーム
何種類かのリズムパターンが出せるメトロノームもあります。リズムパターンを知ったり、憶えるには最適です。

静音ドラムセット型

「ドラムセットを置けるスペースはあるんだけど、音量の問題でアコースティックドラムを置くことができない」という場合には最適です。

エレクトリックドラム

MEDELI(メデリ) DD-502 デジタルドラムセットエレクトリックドラム DD502J(MEDELI)
電子ドラムともいいます。
ヘッドホンやスピーカーを接続することによって、音を出力するのでボリューム調整が可能です。またパッドはラバーなどでできており、叩いた時に出る音は普通のドラムに比べて小さめです。ただ完全に音が消えるわけではないので、事前の確認してください。また微妙なニュアンスが音に出にくいので注意が必要です。
アウトプットからは、アコースティックドラムをサンプリングした音から電子ドラムならではのシンセっぽい音など様々な音を出す事ができます。
値段は、やや高めになっています。

トレーニングドラム

マックストーン トレーニングドラムセット TD-5CST(キクタニ)
練習用に作られた消音仕様のドラムです。電子ドラムの音源部分がなくなった感じに近いです。
音は、パッド(ゴム)を叩いた音しかでないので雰囲気は出ないかもしれませんが、通常のドラムセットに近いニュアンスで練習できるので有効です。
音源部分がないので、電子ドラムよりも安価です。

消音パッド

KC ドラム用消音パッド RP-550
ドラムセットに装着することで音量を抑えてくれます。
しかし、ドラム自体どうしても音が鳴るのでトレーニングドラムほど音量を抑える効果は期待できません。
ある程度、音を出す事が許される環境ならば問題ありません。

省スペース型

「場所を取らないで、音を小さく」という場合に最適です。

トレーニングパッド

HQ ARF7GM 7インチ ドラムトレーニングパッド
単体のトレーニングパッドになります。机などに置けば、どこでも練習することができます。

また、スタンドが付いたタイプもあります。
Pearl SDN-14 ドラムトレーニングパッドスタンド付き

トレーニングパッドの代わりに、週刊漫画雑誌などの厚めの本や座布団などでも練習ができます。
しかし、トレーニングパッドはドラムを想定して作られており、またそこまで高価なものでもないので、パッドを購入することをお勧めします。
人気ブログランキング にほんブログ村 音楽ブログ バンド活動へ

関連する投稿

2件のコメント >コメントする

  1. 絶対

    コメント by ハチ — 2010年6月22日 @ 17:17

  2. ふむふむ(^w^)))
    ありがたやありがたや

    コメント by cococco — 2011年8月9日 @ 16:10

コメントする